2021.5.22 - 6.27

忘れられた江戸絵画史の本流 江戸狩野派の250年静岡県立美術館

忘れられた江戸絵画史の本流 江戸狩野派の250年(静岡県立美術館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

静岡県立美術館で2021年5月22日(土)から開催される「忘れられた江戸絵画史の本流 江戸狩野派の250年」の情報をまとめたページです。

この展覧会では、江戸絵画史の中心で活躍した江戸狩野派80名の画家に焦点をあて、その作品が時系列で紹介されます。100点を超える作品が展示され、その大半が初公開作品となっています。

また、「忘れられた江戸絵画史の本流」展の開催に併せて、江戸狩野派の古典学習に焦点をあてた特別展示「江戸狩野派の古典学習 ―その基盤と広がり」が第7展示室で行われています。

「忘れられた江戸絵画史の本流」展の概要

会場:
静岡県立美術館

会期:
2021.5.22(土)~6.27(日)

休館日:
毎週月曜日

開館時間:
10時~17時30分(※展示室の入室は17時まで)

入場料:
一般:1,200円(1,000円)
70歳以上:600円(500円)
大学生以下:無料
※( )内は前売券および団体券(20名以上)の料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は無料

関連サイト:
美術館公式サイト:
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/76

 

メディア記事一覧

「忘れられた江戸絵画史の本流」展に関するメディア記事の一覧です。

企画展「忘れられた江戸絵画史の本流」静岡県立美術館で – 江戸狩野派の画家総勢80人を一挙紹介
(FASHION PRESS)2021.4.21

知られざる江戸狩野派 県立美術館で企画展 108点は全国初公開
(毎日新聞)2021.5.23

【レビュー】王道の名手たちに光 「忘れられた江戸絵画史の本流-江戸狩野派の250年」 静岡県立美術館
(美術展ナビ)2021.5.25

 

twitterの感想&口コミなど

「忘れられた江戸絵画史の本流」展に関するtwitter投稿をまとめました。

(※twitterからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)