Art Salon(アートサロン)は、日本美術の書画(日本画の古美術・現代美術、洋画、書跡)に関する情報サイトです。

中国美術・朝鮮美術の書画(絵画、書跡)に関する情報も掲載しています。

美術館・博物館の展覧会情報や、本・雑誌の情報を中心に掲載しています。

展覧会の情報

2019年03月の展覧会一覧
全国の美術館・博物館で2019年3月に見られる展覧会の一覧ページです。269の展覧会を掲載しています。

本・雑誌の情報

2019年02月発売の本・雑誌一覧
2019年2月に発売される日本美術の書画に関連する本・雑誌の一覧ページです。

注目の展覧会

中国近代絵画の巨匠 斉白石(京都国立博物館)

中国近代絵画の巨匠 斉白石(京都国立博物館)
2019.1.30(水)~3.17(日)

本展は、日中平和友好条約締結40周年記念の特別企画で、中国・北京画院が所蔵する斉白石(1864~1957)の名品約130点が一堂に展示されます。また、関連展示として京都国立博物館が所蔵する須磨コレクションの斉白石作品も展示されます。


河鍋暁斎 その手に描けぬものなし(サントリー美術館)

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし(サントリー美術館)
2019.2.6(水)~3.31(日)

河鍋暁斎の「狩野派絵師」としての活動と「古画学習」を大きな軸としながら、幕末から明治にかけての動乱期に独自の道を切り開いた暁斎の足跡を展望する内容となっています。


奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド(東京都美術館)

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド(東京都美術館)
2019.2.9(土)~4.7(日)

本展は、辻惟雄氏の著書『奇想の系譜』に基づいた、江戸時代の「奇想の絵画」展の決定版です。同書で紹介された、岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の作品を厳選した展示となっています。

注目の本・雑誌

日本美術の書籍おすすめ30選

日本美術の書画に関するおすすめ本30冊の一覧です。日本美術史の本や、作家・流派に関する本、絵巻・浮世絵・禅画・書の本など幅広く紹介しています。


作家別 あの名画に会える美術館ガイド 江戸絵画篇

『作家別 あの名画に会える美術館ガイド 江戸絵画篇』金子信久著(講談社)
金子信久著(講談社)

120人の絵師、80のミュージアムを収録していて、作家名から美術館が探せる本です!通常の美術館ガイドとは一線も二線も画すユニークな、そして江戸絵画への(偏)愛に溢れた内容になっています。


広重TOKYO 名所江戸百景

「広重TOKYO 名所江戸百景」小池満紀子,池田芙美 著(講談社)
小池満紀子,池田芙美 著(講談社)

歌川広重最晩年の代表作<名所江戸百景>。≪大はしあたけの夕立≫や≪両国花火≫などの有名作品を含む合計120点が、描かれた地域別にまとめられています。全作品に現在の写真と地図も掲載されています。

Art SalonのSNS

最新情報は、当サイトのFacebookページTwitterLINE@でもお届けしています。

どれか1つをフォローしていただければ、最新情報をお受け取りいただけます。