Art Salon(アートサロン)は、日本美術の書画(日本画の古美術・現代美術、洋画、書跡)に関する情報サイトです。

中国美術・朝鮮美術の書画(絵画、書跡)に関する情報も掲載しています。

美術館・博物館の展覧会情報や、本・雑誌の情報を中心に掲載しています。

展覧会の情報

2018年11月の展覧会一覧
全国の美術館・博物館で2018年11月に見られる展覧会の一覧ページです。325の展覧会を掲載しています。

本・雑誌の情報

2018年10月発売の本・雑誌一覧
2018年10月に発売される日本美術の書画に関連する本・雑誌の一覧ページです。

注目の展覧会

土佐派と住吉派―やまと絵の荘重と軽妙―(和泉市久保惣記念美術館)

土佐派と住吉派―やまと絵の荘重と軽妙―(和泉市久保惣記念美術館)
2018.10.13(土)~12.2(日)

室町時代から江戸時代にかけての「やまと絵」の流れを概観するとともに、土佐派と、土佐派から分派した住吉派に注目する展覧会となっています。堺市博物館の「土佐光吉展」(2018年10月6日~11月4日)と連携しての開催です。


没後50年 藤田嗣治展(京都国立近代美術館)

没後50年 藤田嗣治展(京都国立近代美術館)
2018.10.19(金)~12.16(日)

藤田嗣治(1886–1968)の没後50年を記念する大回顧展で、代表作や、初来日の作品、あまり紹介されてこなかった作品など約120点が展示されます。


没後400年 雲谷等顔展(山口県立美術館)

没後400年 雲谷等顔展(山口県立美術館)
2018.11.1(木)~12.9(日)

本展覧会は、狩野永徳・長谷川等伯・海北友松に次ぐ、桃山画壇4巨匠の一人である雲谷等顔(1547-1618)の34年ぶりとなる史上最大規模の大回顧展です。新発見や初公開作品、アメリカから里帰りする代表作など約80点が展示され、等顔の画業の全貌に迫る内容となっています。


フルーツ&ベジタブルズ-東アジア 蔬果図の系譜(泉屋博古館)

特別展 フルーツ&ベジタブルズ-東アジア 蔬果図の系譜(泉屋博古館)
2018.11.3(土・祝)~12.9(日)

中国から朝鮮、日本、そして中世から近代にわたる蔬果表現の変遷をたどる展覧会です。若冲と呉春という18世紀の京都を代表する2人の画家の「野菜図巻対決」や、初公開となる富岡鉄斎「野菜涅槃図」も注目です。


冬季特別展「どうぶつ俳句の森」(柿衞文庫)

2018.11.17(土)~12.24(月)

俳諧・俳句を中心とする文学作品において、さまざまな動物たちがどのように詠まれ描かれてきたのかにスポットをあてた展覧会です。

注目の本・雑誌

日本美術の書籍おすすめ30選

日本美術の書画に関するおすすめ本30冊の一覧です。日本美術史の本や、作家・流派に関する本、絵巻・浮世絵・禅画・書の本など幅広く紹介しています。


作家別 あの名画に会える美術館ガイド 江戸絵画篇

『作家別 あの名画に会える美術館ガイド 江戸絵画篇』金子信久著(講談社)
金子信久著(講談社)

120人の絵師、80のミュージアムを収録していて、作家名から美術館が探せる本です!通常の美術館ガイドとは一線も二線も画すユニークな、そして江戸絵画への(偏)愛に溢れた内容になっています。


広重TOKYO 名所江戸百景

「広重TOKYO 名所江戸百景」小池満紀子,池田芙美 著(講談社)
小池満紀子,池田芙美 著(講談社)

歌川広重最晩年の代表作<名所江戸百景>。≪大はしあたけの夕立≫や≪両国花火≫などの有名作品を含む合計120点が、描かれた地域別にまとめられています。全作品に現在の写真と地図も掲載されています。

Art SalonのSNS

最新情報は、当サイトのFacebookページTwitterLINE@でもお届けしています。

どれか1つをフォローしていただければ、最新情報をお受け取りいただけます。