2020 3.14 - 5.10

ふつうの系譜 「奇想」があるなら「ふつう」もあります─京の絵画と敦賀コレクション府中市美術館

ふつうの系譜「奇想」があるなら「ふつう」もあります─京の絵画と敦賀コレクション(府中市美術館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

府中市美術館で2020年3月14日(土)から開催される『春の江戸絵画まつり ふつうの系譜 「奇想」があるなら「ふつう」もあります─京の絵画と敦賀コレクション』の情報をまとめたページです。

展覧会の概要や、メディア記事の一覧、ツイッター・フェイスブックの投稿・口コミ情報などを見やすく掲載しています。

「ふつうの系譜」展の概要

会場:
府中市美術館

会期:
2020年3月14日(土)~5月10日(日)
前期:3月14日(土)~4月12日(日)
後期:4月14日(火)~5月10日(日)
※作品の大幅な展示替えあり

休館日:
月曜日(5月4日は開館)

開館時間:
10時~17時(※入場は16時30分まで)

入場料:
一般:700円(560円)
高校生・大学生:350円(280円)
小学生・中学生:150円(120円)
未就学児:無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳等をお持ちの方は無料
※常設展もご覧いただけます
※府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料
※観覧券に2度目が半額になる割引券付き(本展1回限り有効)

関連サイト:
美術館公式サイト:
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/
展覧会公式サイト:
http://fam-exhibition.com/futsu/

メディア記事一覧

「ふつうの系譜」展に関するメディア記事の一覧です。

 

「ふつうの」展覧会ができるまで【上】 – 金子信久
(論座)2020.2.11

「ふつうの」展覧会ができるまで【下】 – 金子信久
(論座)2020.2.12

twitterの感想&口コミなど

「ふつうの系譜」展に関するtwitter投稿をまとめました。

(※twitterからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

twitterの情報は随時追加していきます。