没後50年 藤田嗣治展(京都国立近代美術館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

京都国立近代美術館で2018年10月19日(金)から開催される「没後50年 藤田嗣治展」の情報をまとめたページです。

展覧会の概要や、メディア記事の一覧、ツイッター・フェイスブックの投稿・口コミ情報などを見やすく掲載しています。

藤田嗣治(1886–1968)の没後50年を記念する大回顧展で、代表作や、初来日の作品、あまり紹介されてこなかった作品など約120点が展示されます。

この展覧会は、2018年7月31日~10月8日まで東京都美術館でも開催されました。

没後50年 藤田嗣治展の概要

会場 京都国立近代美術館
会期 2018.10.19(金)~12.16(日)
休館日 毎週月曜日
開館時間 9時30分~17時(※金曜・土曜は20時まで開館)
※入館は閉館の30分前まで
入場料 一般:1,500円(1300円)
大学生:1,100円(900円)
高校生:600円(400円)
中学生以下:無料
※( )内は前売と団体20名以上の料金
関連サイト 展覧会公式サイト:
http://foujita2018.jp/
美術館公式サイト:
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2018/428.html

Youtube動画

Youtubeに投稿されている「没後50年 藤田嗣治展」に関する動画の一覧です。

(※Youtubeからサイトへの埋め込みが許可されている動画のみを掲載しています。)

「没後50年 藤田嗣治展」音声ガイド 特別編①

「没後50年 藤田嗣治展」音声ガイド 特別編②

「没後50年 藤田嗣治展」音声ガイド 特別編③

東京都美術館「没後50年 藤田嗣治展」

【ぶらぶら美術・博物館】#281東京都美術館 没後50年「藤田嗣治展

藤田嗣治の肖像は上から目線 しりあがり寿が見た軌跡

メディア記事一覧

「没後50年 藤田嗣治展」に関するメディア記事の一覧です。

 

宙に舞い、争う猫・猫・猫に注目 31日から藤田嗣治展
(朝日新聞)2018.7.28

激動の生、絵筆と歩む 「没後50年 藤田嗣治展」
(朝日新聞)2018.8.16

「おかっぱの変な人」藤田嗣治 しりあがり寿が見た軌跡
(朝日新聞)2018.8.31

『没後50年 藤田嗣治展』会場限定の猫アイテムや、しりあがり寿の描き下ろしオリジナルグッズにも注目
(SPICE)2018.9.5

布施英利さんと歩く藤田嗣治展 丸メガネ越しに見た虚実
(朝日新聞)2018.9.7

なぜこんなにも藤田は好かれるのか?蔵屋美香評「没後50年 藤田嗣治展」「1940’s フジタ・トリビュート」展
(美術手帳)2018.9.13

藤田嗣治展、次は京都へ 東京閉幕、入場者は30万人
(朝日新聞)2018.10.9

藤田嗣治展、京都で開幕 日本初公開含む120点展示
(朝日新聞)2018.10.18

質・量ともに過去最大、京都で藤田嗣治の大回顧展
(Lmaga.jp)2018.10.19

twitterの感想&口コミなど

「没後50年 藤田嗣治展」に関するtwitter投稿をまとめました。

(※twitterからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

Facebookの感想&口コミなど

「没後50年 藤田嗣治展」に関するFacebook投稿をまとめました。

(※Facebookからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2018年11月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。