生誕130年 小村雪岱 ―「雪岱調」のできるまで―(川越市立美術館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

川越市立美術館で2018年1月20日(土)から開催される「生誕130年 小村雪岱 ―「雪岱調」のできるまで」展の情報をまとめたページです。

展覧会の概要や、メディア記事の一覧、ツイッター・フェイスブックの投稿・口コミ情報などを見やすく掲載しています。

本の装釘・舞台装置・挿絵などで活躍した小村雪岱(1887-1940)の「雪岱調」とよばれる独自の絵画スタイルに注目した内容です。

「生誕130年 小村雪岱」展の概要

会場 川越市立美術館(埼玉県)
会期 2018.1.20(土)~3.11(日)
休館日 月曜日(※2.12は開館)、2.13(火)
開館時間 9時から17時(※入場は16時30分まで)
入場料 一般:600円(480円)
大学生・高校生:300円(240円)
中学生以下:無料
※( )内は20名以上の団体料金
関連サイト 美術館公式サイト:
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/

関連イベント

講演会(1)「宮部みゆきの連載小説の挿絵を描き終えて」

日時:2.17(土)11時~正午
 

ワークショップ「あの文章を挿絵にしてみよう」

日時:2.17(土)13時30分から16時30分
 

講演会(2)「小村雪岱の挿絵の描線」

日時:2.25(日)14時から15時

担当学芸員ワンポイント講座

日時:3.8(木)14時から(30分程度)
 

担当学芸員による展示解説

日程:1.28(日)(手話通訳付き)、2.8(木)、2.28(水)
時間:各日とも14時から

メディア記事一覧

「生誕130年 小村雪岱」展に関するメディア記事の一覧です。

 

大衆を魅了した「雪岱調」。川越市立美術館で挿絵画家・小村雪岱の画業をたどる
(美術手帳)2017.12.16

川越市立美術館で「小村雪岱」展 昭和初期に装丁・舞台装置で活躍
(川越経済新聞)2017.12.22

twitterの感想&口コミなど

「生誕130年 小村雪岱」展に関するtwitter投稿をまとめました。

(※twitterからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2018年2月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。