2018 12.21 - 2019.2.3

《特別展》幸野楳嶺が伝えたこと笠岡市立竹喬美術館

《特別展》幸野楳嶺が伝えたこと(笠岡市立竹喬美術館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

笠岡市立竹喬美術館で2018年12月21日(金)から開催される「《特別展》幸野楳嶺が伝えたこと(笠岡市立竹喬美術館)」の情報をまとめたページです。

展覧会の概要や、メディア記事の一覧、ツイッター・フェイスブックの投稿・口コミ情報などを見やすく掲載しています。

本展は、近代京都画壇の重要人物である幸野楳嶺(1844~1895)の作品を中心に、楳嶺の師である塩川文麟や、楳嶺の弟子である菊池芳文・谷口香嶠・竹内栖鳳・都路華香の作品など約80点が展示されます。

「幸野楳嶺が伝えたこと」展の概要

会場:
笠岡市立竹喬美術館

会期:
2018.12.21(金)~2019.2.3(日)

休館日:
毎週月曜日、12月29日~1月3日
※1月14日(月・祝)は開館し、1月15日(火)が休館

開館時間:
9時30分~17時(※入館は16時30分まで)

入場料:
一般:800円(650円)
高校生以下:無料
※( )内は団体20名以上

関連サイト:
美術館公式サイト:
https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/18066.html

twitterの感想&口コミなど

「幸野楳嶺が伝えたこと」展に関するtwitter投稿をまとめました。

(※twitterからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)