名都美術館で2019年4月2日(火)から開催される「山元春挙 -大明神と呼ばれた画家-」展の情報をまとめたページです。

展覧会の概要や、メディア記事の一覧、ツイッター・フェイスブックの投稿・口コミ情報などを見やすく掲載しています。

本展覧会では、山元春挙の初期から晩年に至るまでの作品が一堂に展示されます(前期後期で大幅な展示替えあり)。また、春挙の別邸・蘆花浅水荘(記恩寺)に、ご本尊として祀られる「畢波羅窟」(通期展示)も特別に紹介されます。

「山元春挙」展の概要

会場 名都美術館
会期 2019年4月2日(火)~5月26日(日)
【前期】4月2日(火)~4月29日(月・祝)
【後期】5月1日(水・祝)~5月26日(日)
※前期、後期で「畢波羅窟」以外の全絵画作品が展示替えされます。
休館日 月曜日(※4月29日(月)、5月6日(月)は開館、4月30日(火)、5月7日(火)は休館)
開館時間 10時~17時(※入館は16時30分まで)
入場料 一般:1000円
大学生:700円
中高生:500円
小学生以下:無料
※本展覧会の前期の半券(使用済有料観覧券)提示で後期展示は300円引(1回限り)
※障がい者手帳をお持ちの方は無料、付添の方1名半額
※団体20名以上は100円引
※愛知県陶磁美術館有料観覧券(2ヶ月以内)を持参で2割引
※各種割引の併用は不可
関連サイト 美術館公式サイト:
http://www.meito.hayatele.co.jp/

twitterの感想&口コミなど

「山元春挙」展に関するtwitter投稿をまとめました。

(※twitterからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2019年7月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。