『作家別 あの名画に会える美術館ガイド 江戸絵画篇』金子信久著(講談社)

書籍「作家別 あの名画に会える美術館ガイド 江戸絵画篇」の内容について、講談社の担当編集者さんに紹介していただきました。

作家別 あの名画に会える美術館ガイド 江戸絵画篇

江戸時代の画家の名前、何人言えますか?

「若冲、北斎、広重、国芳、うーん……光琳、あ、応挙、蘆雪も!」

この本に出会う前の私なら、とっさに答えられるのはたぶんこれくらいです。

そんな私ですから、この本の編集は、「こんな画家がいたのか!」「こんなに面白い絵が、こんなところにあるのか!」と、発見と驚きの連続でした。

何しろ、収録作家は120名。日本各地の80の美術館・博物館が所蔵する作品約250点を掲載しています。

こう言われてもピンとこないと思いますが、これはちょっとした美術全集の2巻分に匹敵する点数なんです(自慢です)。

すべての画家・作品を選んだのは、著者である府中市美術館学芸員の金子信久先生です。

前回の『日本おとぼけ絵画史 たのしい日本美術』を読んでくださった方はよくご存知のとおり、金子先生はちょっと「へそまがり」な美術史家です。

ですから、今回の本も「あの名画に会える美術館ガイド」という穏当なタイトルにもかかわらず、通常の美術館ガイドとは一線も二線も画すユニークな、そして江戸絵画への(偏)愛に溢れた内容になっています。

「あの名画ってどの名画よ!」とツッコミを入れつつ、一冊読んでいただけたなら、きっと「自分だけの名画」が見つかるはずです。

そして、その絵に出会う旅に出ていただけたら、そんなに嬉しいことはありません。

(担当編集者)

Amazonで詳細を確認

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの本のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、新発売される本・雑誌の一覧も公開中です。

2018年7月発売の本・雑誌一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。