『日本おとぼけ絵画史 たのしい日本美術』金子信久著(講談社)

書籍「日本おとぼけ絵画史 たのしい日本美術」の内容について、講談社の担当編集者さんに紹介していただきました。

日本おとぼけ絵画史 たのしい日本美術

「〈ヘタウマ〉をテーマにした日本美術の本を書いていただけませんか?」

著者である府中市美術館の金子信久先生にこう提案し、「〈ヘタウマ〉という言葉は乱暴すぎるのでダメです。」と却下されて誕生したのが、この『日本おとぼけ絵画史』です。

制作開始当初、先生が出してこられた掲載作品のリストを見て、ほんとうに驚きました!

  • あっかんべーをする達磨
  • 皿回しをする布袋さん
  • 肩をはだけた寿老人
  • 夢に出たら怖すぎる仙人たち
  • 笹をくわえた雪だるま

〈ヘタウマ〉どころか〈ヘタヘタ〉の殿様絵画……。

「これで本当に良いのか?」と言いたくなる作品の数々ですが、解説を読んでみると、「これで良いのだ!」ということがとてもよくわかります。

すべてはわれわれ日本人の「へそまがりな感性」のなせるわざ。「見事な」造形を愛でる一方で、完璧でない、不格好なものや不完全なものになぜか惹かれるこの感性が、めくるめく「おとぼけ」作品を生み出してきたと知り、超納得しました。

へそまがりな読者にこそぜひ、読んで見て、笑っていただきたい「もうひとつの日本美術史」です。「こんなに面白い美術本ははじめて!」そう言っていただけることに自信ありです。

(担当編集者)

Amazonで詳細を確認

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの本のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、新発売される本・雑誌の一覧も公開中です。

2018年4月発売の本・雑誌一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。