特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」(東京国立博物館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

東京国立博物館で2019年5月3日(金)から開催される特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」の情報をまとめたページです。

展覧会の概要や、メディア記事の一覧、ツイッター・フェイスブックの投稿・口コミ情報などを見やすく掲載しています。

本展は「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』―皇室の至宝・国宝プロジェクト―」の一環として開催される特別展です。皇室ゆかりの名品である狩野永徳「唐獅子図屏風」や、永徳最晩年の作である国宝「檜図屏風」に加えて、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品が一堂に会します。

「美を紡ぐ 日本美術の名品」展の概要

会場 東京国立博物館 本館特別5室・特別4室・特別2室・特別1室
会期 2019.5.3(金)~6.2(日)
休館日 月曜日(※ただし5月6日は開館、5月7日は休館)
開館時間 9時30分~17時(※会期中の金曜・土曜は21時まで開館)
※入館は閉館の30分前まで
入場料 一般:1,100円(1,000円)
大学生:700円(600円)
高校生:400円(300円)
中学生以下:無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金
※障がい者とその介護者一名は無料(障がい者手帳などの提示が必要)
関連サイト 展覧会公式サイト:
https://tsumugu-exhibition2019.jp/masterpiece/index.html
博物館公式サイト:
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1942

メディア記事一覧

「美を紡ぐ 日本美術の名品」展に関するメディア記事の一覧です。

 

「唐獅子」現る…「美を紡ぐ 日本美術の名品」展
(読売新聞)2019.5.3

twitterの感想&口コミなど

「美を紡ぐ 日本美術の名品」展に関するtwitter投稿をまとめました。

(※twitterからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

Facebookの感想&口コミなど

「美を紡ぐ 日本美術の名品」展に関するFacebook投稿をまとめました。

(※Facebookからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2019年7月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。