「広重TOKYO 名所江戸百景」小池満紀子、池田芙美 著(講談社)

2017年5月31日発売の書籍「広重TOKYO 名所江戸百景」の内容について、講談社の編集部さんに紹介していただきました。

広重TOKYO 名所江戸百景

歌川広重最晩年の代表作<名所江戸百景>。

≪大はしあたけの夕立≫や≪両国花火≫などの有名作品を含む合計120点を、描かれた地域別にまとめました。

掲載するのは、彫り・摺りともに国内外トップクラスのクオリティを誇る「原安三郎コレクション」。

すべてが貴重な初摺で、保存状態も極めて優れているので、広重が表現しようとした形や色を鑑賞することができます。

また、作品が描かれた場所に実際に足を運んでいただけるよう、全作品に現在の写真と地図を掲載しました。

近くに残る旧跡も紹介していますので、江戸名所めぐりにも最適です。

画集としてもガイドブックとしても楽しめる一冊、ぜひご覧ください。

(講談社編集部)

Amazonで詳細を確認

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの本のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、新発売される本・雑誌の一覧も公開中です。

2018年10月発売の本・雑誌一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。