開館120周年記念特別展覧会 海北友松(京都国立博物館)(上記画像の出典:http://yusho2017.jp/)

このページでは「海北友松」展の詳細や、ニュース記事、レビュー記事、感想&口コミ一覧などの情報を紹介しています。

「海北友松」展は、京都国立博物館で2017年4月11日(火)~ 5月21日(日)まで開催される、開館120周年記念の特別展覧会です。

海北友松(かいほうゆうしょう)は桃山時代の絵師で、狩野永徳や長谷川等伯とも並び称される巨匠です。

今回の展覧会では、海北友松の代表作に加え、希少な初期作品や、初公開作品など、70点以上が展示されます。

海北友松展の概要

会場 京都国立博物館 平成知新館
会期 2017年4月11日(火)~ 5月21日(日)
※会期中に一部作品の展示替があります。
※主な展示替は、前期4月11日~4月30日、後期5月2日~5月21日。
休館日 月曜日
開館時間 9時30分~18時まで(※入館は17時30分まで)
※会期中の毎週金・土曜日は20時まで(※入館は19時30分まで)
入場料 一般 1,500円(1,300円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 900円(700円)
中学生以下無料

※( )内は前売および団体20名以上。
※障がい者の方とその介護者1名は、障がい者手帳などの提示で無料。

関連サイト 展覧会公式サイト:
http://yusho2017.jp/
博物館公式サイト:
http://www.kyohaku.go.jp/jp/special/tenrankai/20170411_yusho.html
展覧会ちらし:
http://www.kyohaku.go.jp/jp/special/pdf/2017_yusho.pdf

Youtube動画

京都国立博物館 開館120周年記念特別展覧会 海北友松

京都国立博物館 開館120周年記念特別展覧会 海北友松 第7章

京都国立博物館 開館120周年記念特別展覧会 海北友松 第8章

京都国立博物館 開館120周年記念特別展覧会 海北友松《月下渓流図屏風》

メディア記事一覧

京都国立博物館でいよいよ開催!永徳にも負けない、海北友松ってだれだ?その前に何て読むの?
(INTOJAPAN / WARAKU MAGAZINE)2017.3.23

桃山時代最後の巨匠 海北友松に迫る
(そうだ 京都、行こう。)2017.3

海北友松展 展示作業が始まる 京博で11日開幕
(毎日新聞)2017.4.4

刀を絵筆に持ち替えた桃山の巨匠「海北友松」展、京都国立博物館にて開催
(PREMIUM JAPAN)2017.4.4

海北友松の傑作「月下渓流図屏風」 京都に
(毎日新聞)2017.4.7

特別展覧会「海北友松」希代なる桃山の巨匠 龍の名手、圧巻の迫力 京都国立博物館・学芸部長、山本英男さんに聞く見どころ
(毎日新聞)2017.4.9

取材レポート 開館120周年記念特別展覧会 海北友松
(インターネットミュージアム)2017.4.10

海北友松展:11日開幕 「雲龍図」など展示
(毎日新聞)2017.4.10

日本一の龍図 「海北友松」大回顧展開催
(おとなスタイル)2017.4.11

みんなで巡ろう「海北友松」展 【niconico×京都国立博物館】
(ニコニコ生放送)2017.5.9

海北友松展が閉幕 入場者16万人
(毎日新聞)2017.5.21

twitterの感想&口コミなど

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2018年8月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。