はじめての古美術鑑賞 紙の装飾(根津美術館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

このページでは「はじめての古美術鑑賞-紙の装飾-」の詳細や、ニュース記事、レビュー記事、感想&口コミ一覧などを紹介しています。

「はじめての古美術鑑賞-紙の装飾-」は、東京の根津美術館で2017年5月25日(水)~7月2日(日)に開催される企画展で、古美術鑑賞は敷居が高いという声に応えた企画展「はじめての古美術鑑賞」シリーズの第2回です。

今回は「読めない」という理由で敬遠されがちな書の作品にアプローチするための一つの方法として、書を書くための紙(料紙・りょうし)の装飾に注目した内容となっています。

さまざまな装飾技法を、美術館所蔵のコレクション作品を中心にわかりやすく解説しており、書だけでなく絵画に取り込まれた例も紹介しています。

「はじめての古美術鑑賞 紙の装飾」展の概要

会場 根津美術館 展示室1・2
東京都港区南青山6-5-1
会期 2017年5月25日(水)~7月2日(日)
休館日 月曜日
開館時間 午前10時~午後17時(入館は午後16時30分まで)
入場料 一般1100円
学生(高校生以上)800円

※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き
※中学生以下は無料
※特別展「燕子花図と夏秋渓流図」の会期中(2017年4月12日〜5月14日)、ミュージアムショップにて前売り券(各200円引き)を販売。

関連サイト 美術館公式サイト:
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html

ニュース記事一覧

はじめての古美術鑑賞-紙の装飾」展への出品協力について
(静嘉堂文庫美術館)

メディア記事一覧

文字を引き立てる華麗な紙
(TERRADA MAGAZINE)2017.5.23

料紙装飾を分かりやすく解説
(インターネットミュージアム)2017.5.24

取材レポート「はじめての古美術鑑賞 ― 紙の装飾 ―」
(インターネットミュージアム)

Youtube動画

感想&口コミ一覧:Facebook

感想&口コミ一覧:twitter

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2018年5月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。