国展創立前夜 -大正前期の京都の日本画-(笠岡市立竹喬美術館)チラシ(上記画像の出典:展覧会チラシより)

このページでは「国展創立前夜 -大正前期の京都の日本画-」の詳細や、ニュース記事、レビュー記事、感想&口コミ一覧などを紹介しています。

「国展創立前夜」は、岡山県の笠岡市立竹喬美術館で2017.6.16(金)~7.23(日)に開催される展覧会です。

平成30年に創立100周年を迎える国画創作協会の設立にいたる経緯を考察するため、設立前夜である大正前期の京都の日本画を探る内容となっています。

国展創立前夜展の概要

会場 笠岡市立竹喬美術館
会期 2017.6.16(金)~7.23(日)
休館日 毎週月曜日(※7月17日(月)は開館し、7月18日(火)は閉館です。)
開館時間 9時30分~17時(入館は16時30分まで)
入場料 800円(団体20名以上は650円)
※高校生以下は無料(学生証を提示が必要)
※笠岡市内在住の65歳以上の方は入館無料(年齢および住所がわかるものの提示が必要)
※笠岡市外在住の65歳以上の方は団体料金(年齢がわかるものの提示が必要)
※前売は一般個人のみ700円
関連サイト 美術館公式サイト:
https://www.city.kasaoka.okayama.jp/soshiki/30/kokutenzenya.html

関連行事

各行事の詳細は美術館にお問い合わせください。(TEL.0865-63-3967)

講演会「京都の日本画は大正初期にいかに変貌したか」

講師:原田平作氏(美術史家)
7月2日(日曜日)13時30分~15時
会場:竹喬美術館視聴覚室
募集定員40名(要申込)
※聴講料は無料ですが入館料が必要です。

講座「国展創立を導いた大正初期の京都画壇の諸相」

講師:上薗四郎(当館館長)
6月18日(日曜日)13時30分~15時
会場:竹喬美術館視聴覚室
募集定員40名(要申込)
※聴講料は無料ですが、入館料が必要です。

実技講座(1)「具墨を用いた細密描写の再現」

講師:長原勲氏(洋画家)
6月25日(日曜日)13時30分~15時30分
会場:竹喬美術館視聴覚室
募集定員16名(要申込)
※入館料は無料です。

実技講座(2)「竹喬《島二作》に見るセザンヌと南画的表現の追体験」

講師:森山知己氏(日本画家)
7月16日(日曜日)13時30分~15時30分
会場:竹喬美術館視聴覚室
募集定員16名(要申込)
※入館料は無料です。

ギャラリートーク

6月24日(土曜日)、7月15日(土曜日)
13時30分~14時30分

メディア記事一覧

笠岡で特別展「国展創立前夜」16日開幕 新しい日本画創造の80点
(山陽新聞)2017.6.15

笠岡「国展創立前夜」会期中盤に 個性豊かな近代日本画を堪能
(山陽新聞)2017.7.2

twitterの感想&口コミなど

Facebookの感想&口コミなど

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2018年8月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。