明治150年記念―明治からの贈り物(静嘉堂文庫美術館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

静嘉堂文庫美術館で2018年7月16日(月)から開催される「明治150年記念―明治からの贈り物」展の情報をまとめたページです。

展覧会の概要や、メディア記事の一覧、ツイッター・フェイスブックの投稿・口コミ情報などを見やすく掲載しています。

本展では、近代絵画で初めて重要文化財の指定を受けた橋本雅邦「龍虎図屏風」をはじめとした第四回内国勧業博覧会出品の屏風の数々や、修理後初公開となる河鍋暁斎の代表作「地獄極楽めぐり図」の画帖、わが国“ヌード”の先駆的作品である黒田清輝「裸体婦人像」などの名品が公開されます。

また、刺繍・金工・七宝・漆芸・陶磁器といった明治工芸品の力作も展示されます。

「明治150年記念―明治からの贈り物」展の概要

会場 静嘉堂文庫美術館
会期 2018.7.16(月・祝)~9.2(日)
休館日 月曜日(※ただし7/16は開館)
開館時間 10時~17時(※入館は16時30分まで)
入場料 一般:1,000円
大高生:700円
中学生以下:無料
※団体割引は20名以上
※リピーター割引:本展示の入館券を提示で2回目以降は200円引き
関連サイト 美術館公式サイト:
http://www.seikado.or.jp/

twitterの感想&口コミなど

「明治からの贈り物」展に関するtwitter投稿をまとめました。

(※twitterからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

Facebookの感想&口コミなど

「明治からの贈り物」展に関するFacebook投稿をまとめました。

(※Facebookからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2018年12月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。