糸のみほとけ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏(奈良国立博物館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

奈良国立博物館で2018年7月14日(土)から開催される「糸のみほとけ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏」の情報をまとめたページです。

展覧会の概要や、メディア記事の一覧、ツイッター・フェイスブックの投稿・口コミ情報などを見やすく掲載しています。

この展覧会は綴織當麻曼荼羅(国宝)の修理完成を記念し、綴織(つづれおり)と刺繡による仏の像を一堂に集める特別展です。天寿国繡帳、綴織當麻曼荼羅、刺繡釈迦如来説法図の国宝3点など一堂に展示されます。

「糸のみほとけ」展の概要

会場 奈良国立博物館 東新館・西新館
会期 2018.7.14(土)~8.26(日)
休館日 毎週月曜日(※ただし7/16・8/13は開館)
開館時間 9時30分~午後18時
※毎週金・土曜日と8月5日(日)~15日(水)は19時まで
※入館は閉館の30分前まで
入場料 一般:1,500円(1,300円)
高校・大学生:1,000円(800円)
小・中学生:500円(300円)
※( )内は前売・20名以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
※7月28日(土)と29日(日)は小・中学生無料。同伴の保護者は団体料金で観覧できます。
関連サイト 美術館公式サイト:
https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2018toku/ito/ito_index.html

Youtube動画

Youtubeに投稿されている「糸のみほとけ」展に関する動画の一覧です。

(※Youtubeからサイトへの埋め込みが許可されている動画のみを掲載しています。)

奈良国立博物館 特別展「糸のみほとけ」

奈良国立博物館 糸のみほとけ 開催中 當麻曼荼羅編

奈良国立博物館 糸のみほとけ 開催中 シルクロード編

メディア記事一覧

「糸のみほとけ」展に関するメディア記事の一覧です。

糸使った仏像に焦点 – 当麻寺「綴織当麻曼荼羅」中宮寺「天寿国繍帳」など/来月14日から奈良博で特別展
(奈良新聞)2018.6.4

国宝の當麻曼荼羅、色鮮やかに復元
(日本経済新聞)2018.7.2

1300年前の色彩再び – 現代の職人が復元/当麻曼荼羅
(奈良新聞)2018.7.3

仏教美術の緻密な刺繡作品、奈良に集結
(Lmaga.jp)2018.7.5

繡仏の輝き、ふたたび。真正極楽寺、奈良国立博物館、凸版印刷が繡仏をデジタル化。VRアプリで公開
(美術手帳)2018.7.16

twitterの感想&口コミなど

「糸のみほとけ」展に関するtwitter投稿をまとめました。

(※twitterからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

Facebookの感想&口コミなど

「糸のみほとけ」展に関するFacebook投稿をまとめました。

(※Facebookからサイトへの埋め込みが許可されている投稿のみを掲載しています。)

 

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2018年7月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。