あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち(静嘉堂文庫美術館)(上記画像の出典:展覧会チラシより)

このページでは「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち」の詳細や、ニュース記事、レビュー記事、感想&口コミ等を紹介しています。

「あこがれの明清絵画」は、静嘉堂文庫美術館で2017.10.28(土)~12.17(日)に開催されます。

静嘉堂が誇る中国・明清時代(1368~1912)の絵画コレクションから厳選した作品が展示されます。

日本の画家に多大な影響を与えた沈南蘋(しんなんぴん)の代表作をはじめ、李士達(りしたつ)、余崧(よすう)等の名品が見られる展覧会です。

また、書跡の優品や、谷文晁など日本の画家が描いた模本等も展示されます。

あこがれの明清絵画の概要

会場 静嘉堂文庫美術館
会期 2017.10.28(土)~12.17(日)
休館日 月曜日
開館時間 10時~16時30分(※入場は16時まで)
入場料 一般:1,000円、大高生:700円、中学生以下:無料
関連サイト 美術館公式サイト:
http://www.seikado.or.jp/

関連イベント

講演会①「ネコ好き館長による猫の絵画史」

河野元昭(静嘉堂文庫美術館館長)
11.4(土)11時から地下講堂にて開催
定員120人(当日10時より整理券配布、1人1枚限定)

講演会②「豊かなる明末清初の絵画-倣古と奇想」

板倉聖哲氏(東京大学東洋文化研究所・情報学環教授)
11.19(日)11時から地下講堂にて開催
定員120人(当日10時より整理券配布、1人1枚限定)

講演会③対談「明末清初の書-連綿趣味の魅力を語る」

髙木聖雨氏(大東文化大学教授)
富田淳氏(東京国立博物館学芸企画部部長)
11.25(土)11時から地下講堂にて開催
定員120人(当日10時より整理券配布、1人1枚限定)

列品解説

展示室にて展示内容・作品について館長とゲストが解説。
11.11(土)11時~ ゲスト:塚本麿充氏(東京大学東洋文化研究所 准教授)
12.2(土)11時~ 館長 河野元昭
12.7(木)・12月14日(木)14時~ 館長 河野元昭

メディア記事一覧

深遠な山水から愛らしい猫まで 『あこがれの明清絵画~日本が愛した中国絵画の名品たち~』展が開催
(SPICE)2017.8.15

ブログ記事一覧

嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」特別内覧会
(弐代目・青い日記帳)2017.10.14

「あこがれの明清絵画~日本が愛した中国絵画の名品たち~」静嘉堂文庫美術館
(旅とアート、ときどきグルメ)2017.10.29

静嘉堂文庫『あこがれの明清絵画~日本が愛した中国絵画の名品たち~』
(シャボン玉のお散歩)2017.10.29

twitterの感想&口コミなど

Facebookの感想&口コミなど

 

【お知らせ1】
このページ下部にコメント欄がありますので、ぜひこの展覧会のご感想などをお書き込みください。

 

【お知らせ2】
当サイトでは、全国の美術館・博物館で今月に開催される展覧会の一覧も公開中です。

2018年2月の展覧会一覧

 

【お知らせ3】
当サイトのFacebookページTwitterLINE@のいずれかに「いいね!」または「フォロー」していただくと最新情報をお届けしています。